サービスのご案内Service

おだやかな暮らし

介護が必要となり自宅での生活が困難になったときに、『これまでの暮らし』を優しい心と専門性で支えます。
とわの郷では入居者様が1日をどう過ごすか、個性や生活リズムに沿った “24時間シート”を作成していきます。
さらには食事や入浴,排泄等について、お一人おひとりに相応しいサポートの手順書、“サポートマニュアル”を作成いたします。それらを基に暮らしをサポートすることで、きめ細やかなケアが可能となります。 “終の棲家”である特別養護老人ホームがまさにホームであるように、暮らしの継続を可能にできる環境をしっかり整え、穏やかな暮らしをサポートいたします。

自分の暮らし

広いスペースと全個室のユニットケアを提供します。お部屋に愛着のある家具等の持ち込みを可能とし、ご自宅での生活ができる限り継続できる環境を提供いたします。
ユニットとは生活単位を表しており、とわの郷では1ユニット内に入居される方の個室が10室。その他、お手洗い,共同生活室(リビング) ,パントリー(キッチン)が備えてあります。 ご家庭のような雰囲気の中で、入居者様同士が、専属のスタッフと日々を暮らしていただきます。

季節を感じる彩のある暮らし

お正月から始まり、敬老イベントやクリスマスまで一年を通して、旬の食材を使った行事食を楽しみながら年間行事を楽しんでいただく。
季節のある日本の文化ならではのサービスを提供いたします。

安心な暮らし

疾患や障害と上手に付き合いながら日常を送っていただけるよう介護職員はもちろん、相談員,介護支援専門員,看護職員,管理栄養士,および嘱託医の各専門職が連携し、安心な暮らしが継続出来るよう努めています。
また、人生の最期を迎える時には、ご家族の気持ちに寄り添いながら心を込めて、看取り介護(ターミナルケア)を行います。

こだわりのお食事

食事は入居者様の楽しみであり、「食べたい!」と思える気持ちは、生きていく上でとても重要なことなので、食を通して笑顔や会話が増えるような家庭的で季節感のある食材を取り入れたメニューを心がけております。また、月1回の行事食や行事カード・誕生日カードは入居者様にも好評です。
食事の形態は咀嚼力・嚥下力に合わせて刻み食、ムース食、ミキサー食を提供しております。
また、通常の食器では食べづらい方には自助食器を利用していただいたり、食欲がない方にはおにぎりにしたり、好き嫌いなどの嗜好にもできるだけ対応しております。

1日のお食事例

  • 朝食

  • 朝食

  • 朝食

  • 朝食

行事食を詳しく見たい方は「お知らせ」よりご確認ください。

お知らせ